愛知の免疫細胞治療センター/セレンクリニック名古屋 - 厚生労働省登録の細胞培養加工施設(施設番号:FC4140013)-

医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋 - がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

診療時間:10時~17時 休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 治療対象 > がんが転移・進行してしまっている方へ

治療対象

がんが転移・進行してしまっている方へ

当院の患者さまの多くは"転移・進行" がみられます

当院の患者さまの多くは転移・進行がみられます

「がんが発見された時にはすでにかなり進行していた」、「早期に手術をできたがその後転移していた」という方は当院で治療される患者さまにも多くいらっしゃいます。

がんが進行している場合や一度手術を行った後、再度手術を行うことは困難なケースがほとんどであり、多くの患者さまが抗がん剤による治療を選択せざるを得ません。進行や転移している場合は抗がん剤も強いものが多く、その副作用と長きに渡って付き合っていくことになります。時には抗がん剤の副作用で体の免疫力が低下し、日常生活もままならず、合併症で命を落とされる方がいらっしゃることも事実です。

"抗がん剤治療にプラス" して治療をおこなうことができます

抗がん剤治療にプラスして治療をおこなうことができます

当院の治療は抗がん剤に代えて、または抗がん剤と併用して"WT1ペプチド" を用いた樹状細胞ワクチン療法を行っていきます。抗がん剤と併用する際は、当院での治療効果を上げるために免疫力を低下させないよう抗がん剤の種類や量を調整したりと、主治医と綿密な連携が不可欠です。両者の良さを活かす形でバランスを取りながら結果的に治療効果を高めるための方法を考え治療を行っていきます。

患者さまによってどういう組み合わせが有効か全く異なるため、画一的な治療方法ではなく、オーダーメイドで患者さま毎に適した治療を提供しています。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F

診療時間:10時~17時
休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

© 医創会 セレンクリニック