がん免疫治療・遺伝子治療の専門クリニック

医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋 - がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

診療時間:10時~17時 休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

文字サイズ
小
中
大

ホーム > ニュース&トピックス > 平成30年

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス 平成30年

最先端治療の「がん遺伝子治療」を開始しました。 - 平成30年8月10日

セレンクリニック名古屋は、最先端治療である「がん遺伝子治療」を開始しました。

「がん遺伝子治療」は、がん抑制遺伝子の働きを回復させて、がんの増殖を抑えてアポトーシス(自滅)を促進させる治療です。

がんと遺伝子の研究は世界中で広く研究が進められ、遺伝子を用いてがんの治療に応用する試みが世界中で行われており、複数の国で承認製剤が発されています。

当院ではがん抑制遺伝子のうち、多くのがんに関連があると考えられる5つの遺伝子を導入することができます。これら複数の遺伝子を用意することで、患者様のがんに合わせた最適な組み合わせを提案し治療を行います。

遺伝子治療は、樹状細胞ワクチン療法や標準治療(抗がん剤や放射線治療)と併用することにより、相乗効果が期待され、適応の幅が広いのも特徴の一つです。

当院が導入した遺伝子治療は、日本国内で作製されているので副作用が少なく、安全で高い品質を誇っています。

【料金】

25万円~36万円/回(税込み)

*通常は1クール6回投与になります。

*自費診療のために全額自己負担となります。

 180813 遺伝子治療ホームページ.png

休診のお知らせ - 平成30年7月20日

2018年8/4(土) を休診日とさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

【シンアクセル療法】免疫治療、放射線治療、血管カテーテル治療を組み合わせて、免疫力を最大限に高める新しい提案。 - 平成30年7月7日

当院では「免疫治療、放射線治療、カテーテル治療」を組み合わせた「シンアクセル療法」を実践しています。がんの局所を放射線治療やカテーテル治療で叩き、全身は免疫治療でカバーをします。樹状細胞ワクチン療法とこれらの局所治療を組み合わせることにより、免疫が刺激されて「がん」に対する特異的免疫が顕著に上昇することがわかってきています。

 

ピンポイントの「放射線治療」は、放射線治療の分野で全国的にトップクラスの名古屋市立大学病院放射線科と連携しています。

超選択的な「血管カテーテル治療」は、卓越したカテーテル治療の技術を持つ名古屋徳洲会総合病院と連携しています。血管カテーテル治療とは「がん」が増殖するために必要とする血管を塞栓物質で詰めて、がんを兵糧攻めにする方法です。塞栓物質の中に少量の抗癌剤も染み込ませることができるので、抗癌剤の副作用も少なく済みます。

 

標準治療では治療法がなくなり困っている方、または、標準治療だけでなく他の治療も検討したい方は、当院へご相談ください。

180703 シンアクセル療法.png

高濃度の水素を吸入できる「ハイセルベーターET100」を導入しました。高濃度の水素吸入を体感してみてください。 - 平成30年6月26日

180703 ヘリックス画像2.png

 

「水素」は、2007年に日本医大・太田成男教授がアメリカの医学誌に論文を発表してから、ヘルスケア分野で注目されています。水素は抗酸化物質として知られていますが、最近ではアンチエイジングだけでなく、がんにおける免疫の向上についてもデータが蓄積されつつあります。また、水素はあらゆる物質の中で最も小さいために優れた拡散性があり、抗酸化物質として有名な高濃度ビタミンCなどが到達できない臓器(例えば脳)に対する効果も期待されます。

 

当院では、「株式会社ヘリックスジャパン」の水素酸素吸入器の新型機「ハイセルベーターET100」を導入しました。「ハイセルベーターET100」は水素酸素ガス発生量が多く、1時間100Lとなっています(HERIX JAPAN社パンフレット)。水素濃度は680000vol ppmと高濃度で、水素水3リットル分の水素をわずか1分で身体に取り入れることができるために、短時間で体感できるのが最大の魅力です。詳しくは「株式会社ヘリックスジャパン」のサイトをご覧ください。

https://helixj.co.jp/

 

【料金】

吸引用カニューラ:300円(税込み)

高濃度水素吸入(30分):2000円(税込み)

高濃度水素吸入(60分):3000円(税込み)

予約制になりますので、ご希望の方はクリニックまでご連絡ください。

【東海地区で初めて導入!】唾液でがんの早期発見を目指す『 痛みや苦痛のない 新しいがん検診 』を開始しました。 - 平成30年5月16日

180703 サリバテック画像.png

 

~2018年5月21日より、唾液でがんの早期発見を目指す『 痛みや苦痛のない 新しい がん検診 』を東海地区で初めて開始しました。~

 

本検査は「慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)」で開発した先進技術を応用した検査技術です。

一度の採取で複数のがん(乳がん、大腸がん、肺がん、すい臓がん、口腔内のがんの5種類のがん)を同時に

検査ができ、がん罹患のリスクを調べることができます。現時点では、乳がんとすい臓がんに関して早期発見できる可能性があります。

 

詳細は株式会社サリバテック社のサイトをご覧ください。

https://www.salivatech.co.jp/

検査のためには、ご来院して頂く必要がありますので、完全予約制となります

ご要望の方はこちらまでお問い合わせください。(052-238-3525)

一般の方向けのご案内パンフレットはこちらからダウンロードが可能です。

【料金】

検査費用:30,000円(税込み)

ピシバニールの料金改定 - 平成30年5月16日

2018年5月21日よりピシバニールの薬剤費が変更になります。

薬価が引き上げられることになり、価格変更をさせて頂きます。

ピシバニール0.5KE  改定前 2,700 円  → 改定後 3,000

ピシバニール1.0KE  改定前 4,320 円  → 改定後 5,000

福島県がテラ(株)の「樹状細胞ワクチン」も活用して、細胞・再生医療産業の拠点へ - 平成30年1月15日

ふくしま再生医療産業化協議会 テラ・住ベなどを中心に設立

福島県を細胞・再生医療産業の拠点にしようと、テラ、住友ベークライト、関東化学などが中心となり、来年4月に「ふくしま再生医療産業化協議会」を設立する。細胞・再生医療関連企業が自社のシーズや周辺技術を持ち寄り、福島県立医科大学(福島市)を実証拠点に製品やサービスの開発・検証に取り組む。ここで生まれた成果を「ふくしまモデル」として輸出するなど産業化を図り、震災復興を支援する狙い。細胞・再生医療の関連技術・サービスを持つ多くの企業に参加を呼びかける。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F

診療時間:10時~17時
休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

お問い合わせ・医療相談・資料請求。

052-238-3525

© 医創会 セレンクリニック