愛知の免疫細胞治療センター/セレンクリニック名古屋 - 厚生労働省登録の細胞培養加工施設(施設番号:FC4140013)-

医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋 - がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

診療時間:10時~17時 休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 大腸がんで、お悩みの患者さま・ご家族の方へ

大腸がんで、お悩みの患者さま・ご家族の方へ

免疫チェックポイント阻害剤(ニボルマブ)について、ご相談を承っております。

  • 医療従事者のみなさま
  • スタッフ募集
  • 連携医療機関
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック東京
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック神戸
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡
  • 技術支援 tella
大腸がんで、お悩みの患者さま・ご家族の方へ 当クリニックは、手術・抗がん剤・放射線に次ぐ「第4のがん治療」として期待されている免疫細胞療法によるがん治療専門のクリニックです。ほとんどのがん患者さまは、手術や抗がん剤、放射線といった標準治療を受けていますが、つらい治療に悩まされたり、思うような効果が得られず、新たな治療法を探し求めている患者さまも多くいらっしゃいます。
樹状細胞ワクチン療法 当クリニックの樹状細胞ワクチン療法はここが違います。当クリニックでは、人工的につくられたがんの目印特許技術「WT1」ペプチドがご使用になれます。ほとんどのがんにおいて高い確率でこの目印を利用できますので、まずはご相談ください
世界の動き
治療成績を権威ある欧米の学術誌で発表

樹状細胞ワクチン療法の治療成績を、欧米の権威ある学術誌
膵臓がん(Cancer Immunol Immunother)
肺がん(European Journal of Cancer)
卵巣がん(Journal of Ovarian Research)
にて発表しています。
他のがん種の治療成績もまとめています。
>>詳しくはお問い合わせください

ノーベル賞で注目された「樹状細胞」

免疫細胞のひとつである「樹状細胞」、アメリカの免疫学者スタインマン教授の研究により、その働きが発見されました。そして、その研究は2011年にノーベル医学・生理学賞を受賞したのです。

がん治療先進国のアメリカで承認

2010年、世界で初めてアメリカで樹状細胞をつかったがんワクチン「プロベンジ」が認可されました。
当院の樹状細胞ワクチン療法は、プロベンジよりも樹状細胞の含まれる割合が高いため、よりがんに対する効果が高いと考えられます。

樹状細胞ワクチン療法の臨床試験を開始

新規がん抗原の実用化を推進し、多くのがん患者さまに新たな治療の選択肢を提供できるよう、技術支援元のテラ株式会社と共同で臨床試験を開始しました。
>>臨床試験のお知らせはこちら
  (※)当グループ セレンクリニック東京HPが開きます。

米国癌研究会議で最も優先度の高いがん抗原と評価

WT1は米国癌研究会議(AACR)の学会誌であるClinical Cancer Research誌(Vol.15,Number 17 2009; 5323-37.)において、75種類のがん抗原の中で最も優先順位が高い(1位)との評価を受けました。

症例実績
お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F

診療時間:10時~17時
休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

© 医創会 セレンクリニック