がん免疫治療・遺伝子治療の専門クリニック

医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋 - がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

診療時間:10時~17時 休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 用語解説 > 自由診療(自費診療)

用語解説

がん遺伝子治療

免疫チェックポイント阻害剤(ニボルマブ)について、ご相談を承っております。

  • 医療従事者のみなさま
  • スタッフ募集
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック東京
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック神戸
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡
  • 技術支援 tella

自由診療(自費診療)

「自由診療」とは、公的健康保険(健康保険証)を使わないで治療を受け、すべての治療費を自己負担することをいいます。
日本では、国民皆保険制度のもと、国民の誰もが健康保険、国民健康保険などの公的健康保険に加入していて、平等に診療が受けられる、すばらしい制度になっています。

 ところが、治療法・治療薬には、公的健康保険が「使えるもの」と「使えないもの」があります。「使えないもの」には、規定範囲を超える量の器材・薬剤の使用や、最先端治療、新薬などがあげられます。
がんの治療法・治療薬の開発・研究は日進月歩で行われていますが、すでに欧米などで効果が認められた治療法や治療薬の中には、公的健康保険が「使えるもの」になるまでに長い時間がかかったり、費用が高額であることから「使えないもの」になっているものがあります。

 また、公的健康保険が「使えるもの」と「使えないもの」の診療を一緒に受けることは厳しく規制(混合診療の禁止)されており、公的健康保険が「使えないもの」の診療を受ける場合には、すべての治療費を自己負担しなければならないのが現状です。

【自由診療保険『メディコム』】
  公的健康保険の「使えるもの」「使えないもの」にとらわれずに、患者さまにとって、世界水準の最先端治療や最新の治療薬などをはじめ、がんを克服するために最適な治療を受けられる保険が自由診療保険『メディコム』(セコム損害保険株式会社)です。
セレンクリニックグループでは、セレンクリニック東京がその対象となっています。

※先進医療(昨年より高度先進医療から制度が引き継がれ、名称が変わりました。)
先進医療とは、先進的な医療について実績を認められた特定の施設に限って混合診療が認められる制度で、患者さまの自己負担が従来の自由診療のみに比べ軽減される制度です。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F

診療時間:10時~17時
休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

お問い合わせ・医療相談・資料請求。

052-238-3525

© 医創会 セレンクリニック