大阪大学の特許技術「WT1」を東海地区で唯一使用可能な施設/セレンクリニック名古屋 - 厚生労働省登録の細胞培養加工施設(施設番号:FC4140013)-

医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋 - がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

診療時間:10時~17時 休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 樹状細胞ワクチン療法 > 当院が提供する樹状細胞ワクチン療法とは

樹状細胞ワクチン療法

当院が提供する樹状細胞ワクチン療法とは

当院が提供する樹状細胞ワクチン療法の特徴


療法の特徴



豊富な治療実績と技術・ノウハウにより「がんワクチンとして最適化された技術

一般的な「樹状細胞ワクチン」に、高度な改変・改良を重ね、さらにテラの豊富な治療実績と技術・ノウハウを注ぎ込み、がん治療用として最適化されています。



患者さんごとに最適化された「個別化医療(パーソナライズド・メディシン)」です

大阪大学の特許技術である「WT1ペプチド」抗原を軸とし、マルチながん抗原群を、個々の患者さんのがんに最適化して使用することで、治療効果の期待値を高めています。



持続的な「エビデンス(科学的根拠)の強化」を進めています

樹状細胞ワクチンの治療効果は、まだ確立されたものではありません。当院を含めたテラの契約医療機関では、がん患者さんの治療中、治療後の経過を調査し、その結果を複数の専門家が解析し、成果を国内外の主要学会・学術雑誌へ公表しています。今後も継続してエビデンスの強化を進めていきます。

当院は「樹状細胞の品質」が自慢のクリニックです。
       注意してください。細胞の品質はどこも同じではありません。

当院の樹状細胞の品質の特徴は?


セレンクリニックでは専門的な成分採血を行う事により、樹状細胞の高品質で大量(約1億個)の細胞培養を行っています。採血時間は約2時間、採血量は30~60mlで、身体の負担は少なくなりました。高齢者の方でも安全に採血ができていますのでご安心ください。

◆通常の採血(健診や人間ドックで行う採血)では、十分な細胞数の樹状細胞は作成できません。なぜなら、樹状細胞の元になる単球という細胞は非常に少ないからです。そのため、専門的な採血(成分採血)でなければ十分な細胞が培養できませんので注意してください。
◆成分採血により免疫が低下するという誤った情報で心配される方がいますが、免疫が低下することはありません。


◆採血方法の違いによる「樹状細胞ワクチンの品質の違い」を下記の表で確認してください。
当院の専門的な採血方法(成分採血)による樹状細胞
普通の採血による樹状細胞
<樹状細胞の品質>
  • 1回投与あたり1000万個の樹状細胞であることを確認しています。
  • しっかりと成熟した樹状細胞であることを確認しています。  (成熟マーカー(CD86):99.8%)
  • 抗原を提示する能力があることを確認しています。   
    (抗原提示分子:96.6%)
十分な細胞が採取できないので
樹状細胞の品質は公表されていません。
<採用している医療機関>
世界中の医療機関で採用されている方法で、日本では大学病院や先進医療でも採用されています。
公的医療機関で採用されていません。
<治療効果に関する論文>
  • 【膵臓癌】 Pancreas 2011
  • 【肺癌】 European Journal of Cancer 2012
  • 【樹状細胞ワクチンと放射線治療】 Mol Clin Oncol 2013
  • 【膵臓癌】 Cancer Immunol Immunother 2014
    (膵癌の多施設共同研究)
  • 【卵巣癌】 Journal of Ovarian Research 2014
  • 【膵臓癌】 Clin Cancer Res-2014
  • 【胃癌】 World Journal of Surgical 2014
  • 【肺癌】 Cancer Immunol Immunother 2016
    (肺癌の多施設共同研究)
治療効果に関する論文はありません。
<特徴>
成分採血による樹状細胞ワクチンは、治療効果を検証して保険診療を目指しています。
お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F

診療時間:10時~17時
休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

© 医創会 セレンクリニック