がん免疫治療・遺伝子治療の専門クリニック

医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋 - がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

診療時間:10時~17時 休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

文字サイズ
小
中
大

医師紹介

セレンクリニック名古屋は「先端がん治療専門クリニック」として、九州大学、東京大学、大阪大学などで開発された最新の免疫治療技術を導入しています。がん免疫治療医が協力しあい、患者さんと共にチームでがんとたたかっていきます。

院長 小林 正学

医学博士(名古屋市立大学)

免疫治療の研究・臨床に9年間携わっており、のべ1500人以上の治療を実践してきた。長年の外科医の視点から免疫治療の効果を高める研究を日々行っている。名古屋市立大学放射線科、名古屋徳洲会と連携して、独自の「シンアクセル療法」を実践している。

平成14年

富山医科薬科大学 医学部 卒業
名古屋市立大学 外科に入局

平成15年

中野胃腸病院、トヨタ記念病院 外科

平成19年

名古屋市立西部医療センター 城北病院 外科副部長

平成23年

セレンクリニック名古屋、名古屋市立大学放射線科

院長 小林 正学

院長 小林 正学

自己紹介

私は外科医でした。 
それなのに、なぜ免疫治療のクリニックで働いているのか?
それは「元気に癌と戦い、癌と共存してほしいから」 です。

私はこれまでに多くの患者様に抗癌剤も行ってきましたが、癌を無理に叩こうとすればするほど抗癌剤の副作用で苦しませてしまうことも多く、「元気に癌と戦う、共存する」ことも非常に重要だと考えるようになりました。その一つの武器が免疫治療です。

当院で提供している「樹状細胞ワクチン療法」は、保険適応を目指して和歌山県立医科大学が医師主導治験を開始している治療です。また、主治医の十分な協力が得られる患者様に対しては、「免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ)」も使用できる体制を整えています。

当院は、「名古屋市立大学の放射線科」と「名古屋徳洲会総合病院」と連携して、免疫治療と局所治療(放射線治療やカテーテル治療)を「シンクロ」させて、免疫を最大限に高めて「アクセル」をかける独自の新しい

「シンアクセル療法」を実践しています。

これまでに1500人以上を治療してきた経験と実績豊富な私達は、これからも患者さまと一緒に、がん治療をあきらめずに考えていきたいと一生懸命励んでおります。是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F

診療時間:10時~17時
休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

お問い合わせ・医療相談・資料請求。

052-238-3525

© 医創会 セレンクリニック