がん免疫治療・遺伝子治療の専門クリニック

医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋 - がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

お問い合わせ・医療相談・資料請求

052-238-3525

診療時間:10時~17時 休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

文字サイズ
小
中
大

医師紹介

セレンクリニック名古屋は「先端がん治療専門クリニック」として、九州大学、東京大学、大阪大学などで開発された最新の免疫治療技術を導入しています。がん免疫治療医が協力しあい、患者さんと共にチームでがんとたたかっていきます。

院長 小林 正学

医学博士(名古屋市立大学)

免疫治療の研究・臨床に9年間携わっており、のべ1500人以上の患者様を治療してきました。自己治癒力を強化させながら、名古屋市立大学病院の放射線科、名古屋徳洲会総合病院と連携して、独自の「シンアクセル療法」を実践しています。

平成14年

富山医科薬科大学 医学部 卒業
名古屋市立大学 外科に入局

平成15年

中野胃腸病院、トヨタ記念病院 外科

平成19年

名古屋市立西部医療センター 城北病院 外科副部長

平成23年

セレンクリニック名古屋、名古屋市立大学放射線科

院長 小林 正学

院長 小林 正学

自己紹介

人間はもともと強力な自己治癒力を持っています。 その自己治癒力を取り戻してあげることが「がん治療」で最も大事であり、自己治癒力なくしては最先端治療も効果を十分に発揮することができません。 自己治癒力を高める方法はひとそれぞれ異なりますので、まずは一緒に自己治癒力を高めるように統合医療を取り入れながらサポートしてまいります。そのうえで、最先端のがん治療をご検討ください。

当院の免疫治療は、大阪大学の特許WT1を使用した「樹状細胞ワクチン療法」や「低用量のオプジーボ」を使用して免疫を強化しています。これら最先端の免疫治療や遺伝子治療は、ご自身の自己治癒力を手助けして、がんを癒していくサポート役として効果を発揮していきます。

また、当院は名古屋市立大学の放射線科や名古屋徳洲会と連携して、「ピンポイントの放射線治療」や「がんカテーテル治療」も積極的に併用してご自身の免疫を最大限に強化するお手伝いを提案させていただいています。

ご自身の体は治ろうとしています。 その自己治癒力を「統合医療」と「最先端医療(免疫治療、遺伝子治療、放射線治療、カテーテル治療)」を上手に組み合わせてサポートしてまいりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F

診療時間:10時~17時
休診日:日曜・祝日・第2,4,5土曜日

お問い合わせ・医療相談・資料請求。

052-238-3525

© 医創会 セレンクリニック